スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり映画って良いですね〜

今日は朝から映画っす!
ネットでチケット予約して、昨日のうちにゲットしておいたので、色々とスムーズ。
平日だというのに、レディースデーもあってか、結構沢山見に来てたなぁ。
チケットカウンターの列も相当だったんだけど、「岳」を上映中に映写機が故障とかで払い戻しの列までできるし、入場ゲートの列も混ざって何が何やら。
マシントラブルなんてあるのね。

ネタバレになるから内容は詳しく書けないのであるか以下感想↓


一本目は「ブラックスワン」
CMでチラッとは見たけど、予想外にホラー要素が…。
朝向けじゃないな…。
R15だしな…。
そっか、そういやナタリー・ポートマンは「レオン」だよな、清純派なイメージだったから忘れてた。
案外ヤル子だよ!



二本目は「八月の蝉」でも「八日の蝉」でもなく「八日目の蝉」 だよ!おばちゃん!

観てるとなんだか家帰ってバナナといちゃいちゃしたくなる映画だった。

結局全部男が悪いのよー!

小池栄子が上手いこと若干キモく仕上がってて良かった。


最後のスタッフロールでキャストの終盤あたりに「劇団ひとり」とか出てくると一瞬劇団名かと思ってしまうよ。

何しろ内容が内容だから、「ブラックスワン」とは違って起伏が少ないのでちょっと長く感じる。
実際長いんだけど。

つーかなんであんな映画に小学生以下の男児連れて来るかな…。
飽きるの当たり前じゃん。




うーん、鬱なラインナップであった。
「豆腐小僧」で口直ししようかと思った。


上映前の映画予告で毎回「星を守る犬」だっけ?見せられてショボンとなる。
絶対観ない。



TOHOシネマズはもう「鷹の爪」やらないのね。
今回は「紙兎ペロ」だった。
初めて観たけど、実写背景に紙っぽいウサギとリスがゆるーく話してるの。
今回のタイトルは「RPG」で、リスが「ヒポポクエスト」ってゲームでラスボス前に古の祠でタッパってモンスターから古の剣をゲットするのに5時間も掛かってそのまま浮かれてラスボス倒しに行ったら雷鳴って…。
って話をするだけ。
ゆるーく。
ラスボス前にはセーブしないとって。
ゆるーく。


他のバージョンが見たいです。

プロも辛いよね

センセーに「暗い日曜日」という映画を借りた。
最後がショッキングなんだとプッシュされて。
ユダヤ人やらナチスやら出てくるので好きなジャンルではないんだけど、なかなか面白かった。

理不尽な虐殺とか嫌いなのでナチス系は観ないようにしてるから、こんな機会でもなければ一生観なかっただろうなぁ。
役者のインタビューで、ムカつくドイツ人役の人が、やっぱり最初はその役やりたくなかったとか言ってた。
でもやることで見える事もあるんだねぇ。
「頭のおかしい人(ヒトラー)が一人いただけではあんな事にはならなかっただろう」って。
…だよね。
制服着るのも嫌だったって。
日本人には分からない感情かもなぁ。

役は嫌いだけど、役者さんはとても良識溢れる人だった。
なんだか不憫(´ω`)

うざい

「大奥」観てきたよ。
ストーリーはほぼ原作通りなんではなかろうか。
ぶっちゃけそんな覚えてないんだけども。
でも「大奥」の中では一番好きな話なんだよね。
んなもんだから、ニノがなー。
演技力は良いんだけど、やはりイメージずれてるんだよなー。
御鈴廊下できらびやかな中、黒い裃で登場した時、「ちっさ!」と思った。
周りがデカいんだろうけど、ちっさすぎる。
裃はめっちゃ粋なんだが…。
宏の方が似合うんじゃないか?
原作は百戦錬磨と言うか、若き日の杉良っぽい粋な青年だから、ニノはまだまだ爽やかすぎると言うか、男臭ささが足りないと言うか…。
あー、でもニノのアレってやっぱ脳が拒否するなぁ。
多分原作の5割減なんだろうけど、もう3割減らしていただいてもいっかなーみたいな。


逆大奥内は基本、きらびやかさは蔓延してなくて、主に宏がきらびやかを表していた感じで、後半はジャニーズ達がキャピキャピしててかわいかったです(笑)
中村蒼とやらがまた乙女全開で、思わず応援してしまったよ。

宏は蔵様に並んで腹黒いドSだけど、ニノにはそれを一切見せず、ほんと騙されてしまう。
黒い時はマジ怖え。
蔵様なんかスゲー良い人っぽい風で悪いったらありゃしない。

二人のイチャイチャシーンは思ってた程ではなかったです。
あまりに話題に上るのでね…。
そんなに思い切ったシーンになってるのかとね…。
その前にニノが思い切ってたからね…。

まぁ、そっちはあんま全面に出してもテーマに沿わないもんね。
賢明な編集であろう。

べ、別に残念なんかじゃないんだから!

つーか、蔵様にそういうイメージが全くなくて、「え?どうなんの?」みたいな興味があったかな。
結局イメージ湧かないままです(笑)

柴咲コウはイメージに近かったなぁ。
目が鋭いからね。
中島美嘉とかも似合いそうだけどね。
登場シーンは若干暴れん坊将軍でした(笑)
吉宗だからか?

和久井映見がね、凄く良かった。
柔らかさと心の強さがめっさ出てて、イメージぴったり。
ほんとかわいいなぁ…。

セットや衣装はなかなかでした。
アップになると生地がけっこうはっきり見えるんだけど、手触り良さそうなんですよ。
時代劇とかだと安っぽい感じなんだけど、絹の質感が良く見えました。
それだけできらびやかさが5割増し。

あー、あんな藤色の着物も良いなー。


さて、タイトルの「うざい」

長袴がほんと面倒そうでほんとにそんなんして歩いてたのかよ鬱陶しいなぁ!ってずーーーっと思いながら観てました。
吉宗もまずそこから削減すりゃ良かったのに。

さて、原作読み返すか!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。