スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽師は…余分…かも…

なん様と「源氏物語〜先年の謎〜」観てきました。
生田斗真って宏と似ているから気になるのよね。
でも宏を見て生田斗真は思い出さないです。
源氏物語は読んだ事も学んだ事もないので最後どうなるとか全く分からず、漠然と源氏がモテモテのヘタレとしか認識してませんでしたが、あれってもう今なら只のイケメン強姦魔じゃないですか!
略してタダイケ魔。
昼間にちょっと良いなと思ったらその日の夜には襲います。
ちょっと寂しくなったら知り合いの女性襲います。
我慢できなくなったら義理のお母さん襲います。
それがタダイケ魔。

なんと恐ろしい時代でしょう。

あ、でもそんな危険は美人にのみ起こるんだから、私は大丈夫ね(´ω`)
と思っていたら、後で葉月ちゃんから、
「顔も見ずに襲って後でがっかりってのもあったよ。」
ですってよ!
油断できねぇ!
しかもがっかりとか!
失礼な!

女優さんは、みんな綺麗でね、特に真木よう子がたまらんですよ。
SPのカッコいいキャラで憧れたけど、あんなしっとりした感じも素敵(´∀`)
芦名星はすぐ死んじゃったからよく分からんが、多部未華子はかわいいかったし、田中麗奈は……

怖かったです(;^_^A

まだ生き霊になる前なのに怖くなりそうな片鱗が…ね…。

しかもしぶとい。

あの時代の衣装も無駄に重ね着で、絢爛豪華っていかに無駄があるかって事だよなと思います。
でもね、面白いのが、どんなに着物がはだけても、帽子は脱げないの。
全裸に靴下みたいな微妙さなの。
そっかー、あの時代はそんなんやったんやー。

そんなお勉強も出来ました。

でも何が謎だったのかは謎のままなんですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。