スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演出家の責任は重い

今日はだいちゃんと舞台鑑賞。誕生日プレゼントに奢ってもらいました(・∀・)
ま、共通の知り合いの舞台だけどさ。

着物着ようかと思っていたけど起きられなかった…。
ニーハイブーツ履いてったら土足厳禁だった…。
草履だったら楽だった…。

この季節に土足厳禁はなーと思いました。


ストーリーは普通のクリスマスハッピーエンドな流れでした。

身じろぐとパイプイスがギシギシ鳴るのでちょっと気を使う。
身じろげないのでケツが…!
まぁ、その前に腹の音をどうにかしたかったが、どうにもならないよね!
でも結構間の多い舞台だったから余計気になる。
でもどうにもならないよね!
そういえば、効果音とか全然なかったなー。
森の中のような鳥の囀り以外。
なんであそこだけいきなり…?
今思うと、効果音ないと分からないシーンがあったような…。
こういうのは演出家の領域なんだろうか?
だとしたらその演出家は色々と欠けていると思う。

動きも少なかった。
動く人は超動くのに、動かない人はホント動かない。
動かない人しか出てこないシーンは静止画です。
舞台なのに静止画。
動きすぎるのもアレだけど、必要最低限の動きは欲しいです。
視覚も使って観てるので。

やはり演出家が………。


まぁ、そんな感じ!

可もアリ不可もアリ!みたいな!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。