スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一番の絶望

昨夜、仕事後のレッスンを終えて帰宅すると、いつもまっしぐらにお出迎えしてくれるバナナが出てこない。
まあ、たまにはどこかで熟睡してて出てこない日もあるからとバナナの引きこもり場所を廻ってみたらどこにもいない。
「今日は朝から一度も見てないの」とママン。
私が呼べば大概のそのそ出てきたりするのにそんな気配もない。
家中の部屋の押し入れやら棚やら隙間やらを探して呼んだ。
物音や鈴の音が聴こえないかと耳を澄ました。

気配すらない。

どうしよう、何かの隙に外にでてしまったんだろうか…。

だとしたらいつだろう。
ママンが洗濯物を干した時?
ママンが洗濯物を取り込んだ時?
暫く悩んで二人で外に出た。
家の裏にあるマンションは敷地内に木が植わってたり隙間があるから臆病で箱入りなバナナがいかにも留まりそうなので、その周りを「バナナ、バナナ」と呼びながら歩いた。

猫の名前でバナナなんてあまり聞かないから、近所の人は「そんなにバナナ食いたいのかよ…。」「誰か食わしてやれよ」と思ったに違いない。

自分のネーミングセンスをちょっと悔やんだ。

一周して道路端も確認(轢かれてる可能性もある)して、家に着いた。
ママンが鍵を開けるのにモタモタしてるとドアの向こうで『ドタドタチリチリン』と、バナナがまっしぐらに私を出迎える時の音がした。
ママンモタモタ。
早く開けろ…!

ようやく鍵を開けてそーっとドアを開けると……

いなかった…。

幻聴…?

もう一度家中の隙間を探す。
ベランダからも呼び掛けた。

どこにもいない。

バナナとはまだ三年しか過ごしていないのにもう一緒にいられないのか…。

絶望ってこんなんか…。

でも何であの時音が聞こえたんだろう。
バナナが『家にいるよ!探して!』って知らせたんだろうか?
もしかしたら出ようにも出られない状況で、最悪な場合、死んでいるかもしれない…。
よし、もう一度探そう。

また一人でバナナがハマったら出られなくなりそうな隙間を懐中電灯で照らしたり、手を突っ込んだりして探し回っていると、ママンが「いないね。パパがさみしいからって連れて行っちゃったのかしら…。」

そんなはずはない。
父は私が悲しむ事は絶対しない。
最後に居間の隣、父が生前寝起きしていた部屋に入り、一通り隙間を調べて部屋を出ようとしたら、

ガタガタ!

押し入れから音がした!

急いで押し入れを開けると、バナナが慌てて出てきた。

いたー!

ママンも部屋に飛び込んできて、「いたー!良かったー!」
と私に抱き着いて泣いた。

父が死んだ時ですら泣かなかったのに(笑)

バナナは若干興奮ぎみで大人しく抱っこさせてくれない。
大分長い時間、バナナなりに絶望してたようだ。

ママンは押し入れも探したようだけど、その時バナナは何をしていたんだろうか。
つーか、今後はママンの「探した」は信じない事にします。
スポンサーサイト

私だって行きたかったんだい!

昨日が仕事で三連休にならない。
まぁ、明日も予定はないので二日間のんびり過ごします。

昨日私が仕事している隙に、九州に赴任中の兄が帰って来てバナナを獣医さんに連れて行ってしまった。
バナナというのは我が愛猫。
ロシアンブルーの女の子。
今年2歳になります。
獣医さんは初めてではないけど、今回行った獣医さんは初めて。
兄の同級生で、ゾウガメを飼っていて、ほぼ趣味で開業したとの噂もある金持ちの息子です。
金持ちらしく、休日にはクラシックカーレースなんか参加して、ナビは兄。
趣味の開業なので、診察料金も割安。
兄は同級生割引で無料。
まぁさすがに手術とかはお願いした事はないんだけど、外注の検査料金は払った事あるし。
ただ、うちからめっちや遠い。
早くて車で1時間。
渋滞すると3時間は掛かるかも…。
母が着いていったようだけど、急だっため、私も準備していなかったので、テンパっていらん物まで持って行ってた。
帰って来たのは夜9時頃。
聞けば、車中で放し飼いにしていたため、降りる際になかなかキャリーに入れられないわ、唸られるわ、散々だったらしいけど、当たり前です。
少々説教。
兄にも説教。
ま、バナナ嫌われるのは二人なのでいいけど。

取り敢えず、うちに来てから初めてのお注射が済みました。
最近大分太っ…いや、成長なさっていたので、体重を聞いたら4kg弱だったとか。
先生曰く、痩せているらしいけど、上から見たウェストの太さはどう考えても…。
あ、そういえば先生のとこの猫は超デブだった…。
ちなみに先生もおデブです。

そんな突然の災難に見舞われて、バナナは母と距離を取る。
結婚して別のとこに住んでる兄が今日も義姉と顔を見せに来たので、バナナを連れていこうとしたら、抱き上げて部屋を出ようとした瞬間に
「ウーーー…」
あ、これはかなり本気です。

いじめてないよ〜

バナナがね、台所の見張りに飽きて居間に入りたいアピールする時ね、最初はドアを掻いたりしてるんだけど、放置してるとかわいい事するの。
台所のドアは6面の磨り硝子が嵌めてあるんだけど、それぞれ縁がクリアになってて向こうが見えるの。
そこからこっちを覗くのよー!(≧∀≦)
時には立ち上がって上の縁から、時にはしゃがんで下の縁から…。
その様子は大層健気でついつい見入ってしまいます(←要するに放置継続)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。