スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽師は…余分…かも…

なん様と「源氏物語〜先年の謎〜」観てきました。
生田斗真って宏と似ているから気になるのよね。
でも宏を見て生田斗真は思い出さないです。
源氏物語は読んだ事も学んだ事もないので最後どうなるとか全く分からず、漠然と源氏がモテモテのヘタレとしか認識してませんでしたが、あれってもう今なら只のイケメン強姦魔じゃないですか!
略してタダイケ魔。
昼間にちょっと良いなと思ったらその日の夜には襲います。
ちょっと寂しくなったら知り合いの女性襲います。
我慢できなくなったら義理のお母さん襲います。
それがタダイケ魔。

なんと恐ろしい時代でしょう。

あ、でもそんな危険は美人にのみ起こるんだから、私は大丈夫ね(´ω`)
と思っていたら、後で葉月ちゃんから、
「顔も見ずに襲って後でがっかりってのもあったよ。」
ですってよ!
油断できねぇ!
しかもがっかりとか!
失礼な!

女優さんは、みんな綺麗でね、特に真木よう子がたまらんですよ。
SPのカッコいいキャラで憧れたけど、あんなしっとりした感じも素敵(´∀`)
芦名星はすぐ死んじゃったからよく分からんが、多部未華子はかわいいかったし、田中麗奈は……

怖かったです(;^_^A

まだ生き霊になる前なのに怖くなりそうな片鱗が…ね…。

しかもしぶとい。

あの時代の衣装も無駄に重ね着で、絢爛豪華っていかに無駄があるかって事だよなと思います。
でもね、面白いのが、どんなに着物がはだけても、帽子は脱げないの。
全裸に靴下みたいな微妙さなの。
そっかー、あの時代はそんなんやったんやー。

そんなお勉強も出来ました。

でも何が謎だったのかは謎のままなんですけど。
スポンサーサイト

神☆ヴォイス

先月公開の声優さんの映画、なかなか顔出しの演技って観れないから興味あって、葉月ちゃんとなん様とで行ってきた。
都内では三ヵ所でしか公開してなくて、内一ヶ所は昭島!他は渋谷と池袋だけど、渋谷は1日1回のみという、なんとも困る状況。
マイナー扱いだけど、最近の声優ブームもあるし、混み具合が予想不可能だったけど、渋谷に賭けた。
全席指定だったからチケット取れてしまえば後は気楽だし。
少し早めに待ち合わせて無事にチケットゲット。
時間潰しにお茶して戻ってみたらガランガラン。
あら、心配して損した…。
館内もめっちゃせまい。
下手すりゃホームシアター(笑)

さて、予告CM一切なく始まったその声優映画。

主役も脇もベテランから新人まで多分全て声優さん。
知ってる声優さんも最近の人気声優さんもゾロゾロ…。
内容は親友の声優二人の内一人が事故で声を失ってしまったためにその亡き父親が営んでいた声優養成所の講師をもう一人が引き受けて奮闘する訳ですが、生徒が酷すぎる。
お前らなぜ毎日通ってくるしって思う授業態度のくせに講師が悪いとか!
それでもベテラン声優さん達の力を借りまくってやる気だけは取り戻す。
っていうか、主人公は特に何も…ゴフゴフゲフン
そしてタイミング良く声優グランプリ的な大会が開催されてまさか優勝か!?って展開かと思ったら惨敗。
次回に向けて特訓が始まった!
なぜかこの弱小養成所をライバル視する近隣の大手養成所もいたりして、姑息な手で邪魔したりで大変な盛り上がりようでした。映画内で。
最後は主人公が神☆ヴォイスを発して奇跡が起こってめでたしめでたしなんですけどね。

正直、作りはちゃちいです。
効果音がシーンにそぐわないとか、誰目線だか分からないカメラワークとか、どんな事情なんだか主人公がワンシーン丸々後ろ姿だけとか、アニメには妙に力入ってるとか。
そう、大会で流れたアニメがめっちゃ可愛くてねぇ。
あれ放送しないですか。
「ペット戦隊イキタインジャー」

あと、田中真弓さんがスゲーいっぱい出てた。
良く考えたらストーリーにはあまり関係ないような気がするんだけど、いいとこ取りだった(笑)
山寺さんも出る度に笑いが起こってた。
写真だけで…。
あ、ちゃんと演技してるシーンもあって、臨終の場面なんだけど、あまりにしぶといので『まだ生きてるのかよ!』と思わざるを得ないですよね。
ちゃんと死んだけど。←と思わざるを得ない。

あのクオリティーで1800円はちょっとなーとは思うけど、声優さん好きな人は楽しめます。

…レンタルでも十分です多分。

今月三本目

最近眼鏡が大分攻撃力を増して日一日とHPが削られてます。
ボーナス出たらコンタクトと眼鏡の併用を視野に入れてみようかしら。

昨日もおぢちゃんと仕事後に映画観てきました。
「マネーボール」
ブラピ主演です。
最近良く聞く球団GMのノンフィクション。
あ、話題の人ではなく。

ブラピってロバートレッドフォードに似てると話題になったけど、年取って益々似てきたなぁ…。
良い渋さですよ。うん。

ストーリーはメジャーリーグの貧乏チームが既成概念を打ち破って勝って行くというフィクションみたいなお話。

電話一本で選手が売り買いされたり、「明日からあっちのチーム行け」ってあっさり移籍されたりとか、それに対して何の反抗するでもなく受け入れる選手とか、スゲーシビア。
プロの世界ってとにかくシビア。
メジャーリーグだからなのか、日本でもそうなのか、分からないけど、飛び交う額が半端ないのはやはり米国。
それだけの額を動かす責任が重いからあんなにシビアなんだろうか。
選手のキャラクターとかよりはチームの構成が統計とか数字だけで作るから派手なシーンは少ないけど、その分精神的に葛藤とかもどかしさとかが感じられて見応えあったかな。
もともとテレビでドキュメンタリー見るの好きだったりもするから、そんな感覚で観てた。

日本の野球でも同じようにチーム作ったら出来るのかなぁ。

こういう流れが地味ーな映画結構好きなんだよね。
俳優とか派手な部分で興味惹かれるんじゃなくて、内容に興味持って観るから、外れの可能性もあるけど、当たった時の喜びはデカイ。


あの映画が完全にフィクションで実在の人物と関係があるとしたら、とりあえず、ペーニャがちょっと気の毒かも(笑)

お茶の間と化した

昨日は仕事後におぢちゃん誘って「ステキな金縛り」観てきた〜。
深津絵里かわいいなぁ…。
とにかく面白かった\(^o^)/
映画館で何度も我慢出来ずに吹いた(^q^)
役者さんもめっちゃ豪華で、その豪華な役者をめっちゃ残念にしちゃってたり、予想外の展開があったり、ウルッと来たり、これ、やってても楽しいだろうなぁ。
つーか楽しそうだった(´∀`)
三谷作品ってドタバタするけど、やっぱ全体的にどこか優しいというか、暖かいんだよね。
西田さんは良い味出してるなぁ…。
あの人前にしていないフリとか絶対無理!
でも中井貴一も良かった!
阿部寛も残念だった!
二枚目をあそこまで落とすとは、さすが三谷さんだね。

超大御所をあんなとこに配役したり、キャスティングがもう楽しすぎる。

父が観たらなんて言うかなぁ?
「あんな裁判無理」
とかかなぁ?
やっぱ観ながら、自分ならどう攻めるか考えちゃうかな?

そんな事も考えながらステキな一時を過ごしました。

ずれてるよ!

葉月ちゃん、なむ様と戦国BASARAを観てきたよ(・∀・)ノ
ああいうアニメの映画って何年ぶりかしら。
だいちゃんに付き合ったポケモン以来か…?
アニメだけどチビッコは全然いなかった。
おねぃさん達が90%でしょうかねぇ。

やはり中井さんの声はたまらん。
理想が凝縮されているわ。
カッコいいやら色気があるやらで麗都殺しですよもう。

筆頭もカッコいいなぁ。
何気に回りに甘やかされてるとこも垣間見え…(笑)
好きなキャラが好きな声って幸せですね。
何でサンジは中井さんじゃないんだ…。←とんだ言いがかり
いっそ宏の声も中井さんだったら毎週ラジオ聴くのに。←それはもう宏じゃなくても…。

そのくらいときめいてた\(^o^)/

一応戦国だし、それなりに真面目な内容かなぁと思っていたけど、正直映画館でなかったら大爆笑ですよ。
突っ込みまくりですよ。
あの世界、一番儲けたのは大工だね。
っつーか、メインがあんな人間ばなれしてるんだから、足軽いらなくね?
奴ら飛んでるぞ?
忠勝いらずだぞ?
しかし、足軽のダンスがまたすんばらしい。
座敷内ではきちんと草履を脱ぐその気遣い。
見ごたえアリです。

そしてなむ様が事前にハシビロコウと教えてくれたために、終始彼がハシビロコウにしか見えませんでした。

本編終わって明かるくなりかけたと同時に一斉に笑いが起こっていた。
しかも失笑的な。
私も今まで色んな映画観てきたけど、一斉に同様の笑いが起こった事はなかったと思います。

劇場内が一つになった奇跡の瞬間。
一つになったと言えば、私の右隣の葉月ちゃんと左隣の見知らぬ人が同時に同じ事言ったんだよなぁ。
何て言ったかは忘れた。
奇跡のシンクロ。

うーむ、ゲーム再開するかなぁ。
絵柄はアニメよりゲームの好きである。
しかし私の操る筆頭はへなちょこである。
誰か代わりに操ってくれたまえ。
後ろから見てるから。
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。